【乾燥肌とシワ】乾燥小じわの原因と対策法

見た目年齢を老けさせてしまうシワ。目元や口元にできる小じわは、ファンデーションを塗るとさらに目立ったり気分も憂鬱になりますよね。シワは、実は乾燥肌が引き金で起こる場合がほとんどです。乾燥による小じわは早いうちにお手入れをすれば目立たなくなりますが、放っておくと深いシワとなり大じわとなるので注意しましょう。
ここでは、乾燥肌による小じわの原因と対策法についてお話したいと思います。

乾燥肌のシワができる原因とは

肌は、乾燥するとバリア機能(肌を守る力)が低下します。そのため肌を守ろうと細胞分裂が活発になりターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)が早くなります。そうすると次々と未熟な細胞が生まれるため肌のバリア機能の要である角質層の状態も乱れてしまいます。角質層の状態が悪くなると、水分を閉じ込める事ができず隙間ができ水分が蒸発しやすくなり、さらに乾燥が悪化してしまいます。そして、肌の角質層はどんどん厚くなり、それが小じわとなって現れます。細かいシワは、ちりめんジワとも呼ばれ皮膚が薄く、よく動かす部分目元や口元、額などに現れます。

乾燥肌のシワを悪化させる要因とは

乾燥肌による小じわは、さらに下記の要因も重なる事で目立ちやすくなるので注意が必要です。

<紫外線>
肌は、乾燥するとバリア機能が低下し紫外線も肌の奥まで入りやすくなります。紫外線が肌に入りやすくなる事で、さらに乾燥がすすみシワができやすくなります。また真皮層のコラーゲン繊維などを破壊する事で、深いシワにつながるので注意が必要です。

<間違ったスキンケア>
小じわが目立ってきたときは、肌の皮脂や水分が低下している証拠です。洗浄力が強いものでゴシゴシ洗顔、熱いお湯でのすすぎ、タオルでのふき取る際の摩擦、化粧水のコットンの使用など皮脂や水分の取りすぎ、摩擦はシワを目立たせる要因となります。

<表情や生活習慣によるクセ>
シワが出来る箇所は、皮膚が薄くよく動かす部分です。無意識でその部分に負荷がかかり、シワが深くなる場合があるので注意が必要です。パソコンなどで目を酷使している方は、目元にシワがでやすく、イライラしやすい方は、眉間や額にシワがでやすく、不満を抱えている方は口元にでやすいなど、日常の表情の癖も気を付けるようにしましょう。

乾燥肌によるシワのお手入れ法

乾燥による小じわの場合は、乾燥が引き金となっていますのでとにかく保湿を徹底して行う事がポイントです。そして、必要以上に皮脂や水分と取りすぎないこと!

洗顔は、洗浄力が強いもの(洗った後にすぐに肌がつっぱるもの)は控えましょう。アミノ酸系など肌に優しいタイプがおすすめです。また、お湯の温度もぬるいかな?と思う温度が最適です。

化粧水を塗布する場合は、コットンで叩くような動作は控えましょう。化粧水は時間が経つと蒸発しますので、必ず油分が入っている美容液(保湿剤)を塗布しましょう。その際、セラミドやヒアルロン酸、NMF(天然保湿因子)、アミノ酸、プロテオグリカンなど、保湿力が高い成分が入っているものを使用しましょう。

また、シワには肌の代謝を高めるレチノール(ビタミンA油)も有効と言われます。ビタミンAが配合された美容液を使用するのもおすすめです。肌の新陳代謝を高めるためには、マッサージも効果的です。指通りのよい美容液やクリームを塗布し優しくマッサージを行いましょう。

その他、紫外線対策や日常の表情クセも気を付けるようにしましょう。

POIN:乾燥小じわは、時間が経つにつれて深いシワに繋がっていくので早いケアが大切です。まずは、保湿により乾燥を改善する事が先決。皮脂や水分を取りすぎない洗顔、そして水分・油分・保湿剤がバランスよく配合された化粧品でお手入れをしましょう。肌の新陳代謝を高めるためにもマッサージをしたり、レチノール(ビタミンA油)入りの化粧品もおすすめです。

 

◆ティナロLINE@スタートいたしました◆
お得なキャンペーン情報や、とってもためになる健康・美容情報をいち早くお届けしてまいります。
ぜひ、ご登録ください^^

https://line.me/R/ti/p/%40tinaro
上記リンクをクリックするか、@tinaro をID検索してお友達追加してくださいね♪

 

 

 

関連記事

PAGE TOP