どうしたらいい?妊娠中の乾燥肌・敏感肌の原因と対策法

妊娠すると、体質の変化だけなく肌質も変わってきます。急にお肌が乾燥しやすくなった、敏感になった、今までのスキンケア商品が合わなくなったなど、肌トラブルを感じるママも多いのではないでしょうか?本日は、妊娠中の乾燥肌・敏感肌の原因と対策法をご紹介します。

妊娠すると乾燥肌・敏感肌になる原因とは!?

〇女性ホルモンのバランスの変化
妊娠が成立する事で、体は赤ちゃんを守る準備に入るため女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が一気に増えます。女性ホルモンの割合が増える事で男性ホルモンの割合が減ってしまいます。男性ホルモンは皮脂分泌を促すホルモンなので全体のホルモンバランスが崩れる事で肌が乾燥しやすくなります。
また、プロゲステロン(黄体ホルモン)は生理前に多く分泌されるホルモンですが、肌が敏感になりやすく肌荒れなども起こしやすくするホルモンです。妊娠中はこの生理前の状態がずぅーと続くため肌が乾燥し敏感になりやすくなります。また、メラニンが活性化されるため妊娠中はシミもできやすくなります。

〇食事バランスの乱れなどによる栄養不足
つわりで食べ物が限られ、栄養が通ったり水分不足になりやすくなります。また、赤ちゃんに栄養や酸素を届けるためにママに栄養が届きにくくなります。ミネラルや鉄分も多く消費するため、貧血などもおこしやすくなります。そのため、肌へも栄養が届きにくくり乾燥しやすくなります。その他、プロゲステロンは便秘を引き起こすホルモンでもあり、これも腸内環境が悪くなり乾燥や敏感肌の要因となります。

〇妊娠中のストレスや睡眠不足
妊娠中は体調も変化し、慣れないことや不安などでストレスも抱えやすくなります。そのため睡眠不足なる方も多くいらっしゃいます。ストレスや睡眠不足によりさらに血流が悪くなり肌に栄養も届きにくくなります。

上記による様々な要因が重なる事で、肌の免疫力が低下し乾燥や敏感肌を招きやすくなるのです。

妊娠中の乾燥肌や敏感肌を解決するスキンケア法

〇保湿効果が高い化粧品で保湿をしっかり
妊娠中は、肌に刺激のないものでシンプルなお手入れをしましょう。乾燥肌対策には、保湿効果が高い化粧品でケアする事がポイントです。肌の水分をしっかりと閉じ込めるセラミドや、肌に潤いを与えるヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカン、アミノ酸など配合のものがおすすめです。石油系界面活性剤やアルコールなど肌に負担にならないものを使用しましょう。
顔だけでなく、妊娠線がでやすいお腹周りなども同時に保湿ケアを行いましょう。乾燥すると妊娠線はできやすくなるので、こまめな保湿ケアが大切です。

〇皮脂を取り過ぎず洗いすぎない
妊娠中は、皮脂分泌も少なくなりお肌も敏感な状態です。ゴシゴシ擦ったり皮脂を取りずぎないようにしましょう。石鹸や洗浄力の強いものは控えましょう。アミノ酸系の洗浄成分で手のひらで肌を優しく洗うようにしましょう。

〇身体を温める
妊娠中は、血流が悪くなりがちになりますのでお風呂でゆっくり温まったり体をリラックスさせるようにしましょう。また、冷たい飲み物は控え温かい飲み物をとるようにしましょう。自然の飲み物として梅醤番茶は体を温める効果が高く胃腸や腸内のバランスも整えてくれるのでとてもおすすめです。

~梅醤番茶の作り方~
梅干し1個、生姜の絞り汁2、3滴、醤油小さじ1/2をカップに入れ練り合わせます。梅干しは細かく刻んでおくと作りやすいです。そこに番茶を注いで混ぜて完成です。番茶がない時はお湯だけでも良いです。

〇腸を整え肌を潤す食材を取る
腸内環境を整えるために、梅干しや味噌など発酵食品を摂ったり、れんこん、大根やゴボウなどの根菜類は体を温めたり肌を潤う効果もあります。白きくらげなどもおすすめです。スープにすると身体もあたたまり栄養も余す事なく取れておすすめです。

いかがでしたか?洗いすぎない&保湿のシンプルケアと、ちょっとした自然の知恵で妊娠中の乾燥肌を防ぐ事は可能です。出来る事からはじめてみてくださいね。

 

妊娠中でも使える、安心の高保湿ケア化粧品

ティナロ化粧品は、保湿にとことんこだわったオールインワン美容液です。
肌に必要な保湿成分と浸透する世界遺産白神山地の水で、肌に優しく潤いケアを実現。
たっぷりと使用できるので、妊娠線が気になるボディーにも使用できます。
アミノ酸とローズの香りで洗う美容液洗顔料と合わせてお使いになってみてくださいね。
*安心の無添加(無香料、無着色、石油界面活性剤不使用、鉱物油不使用、防腐剤不使用)

〇乾燥肌のためのスキンケア化粧品tinaroこちら

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ホットドリンク
PAGE TOP