乾燥肌は紫外線の影響を受けやすい!?UVケアよりももっと大切なこと

日中は日差しが強くなり、紫外線が気になる季節になりました。UVクリームなどで紫外線対策をしている方も多いのではないでしょうか?
UVクリームなどで紫外線対策をする事はもちろん大切なのですが、やはり肌への負担も気になるところ。
そこで、紫外線対策よりも気を配ってほしいのが肌の保湿ケアです。

シミやしわの原因にも!乾燥肌は、紫外線の影響を受けやすい!?

 

ここで質問です。生魚と干物の魚を焼いたときに、どちらが早く焼けるでしょうか?
答えは

干物の魚です。

生魚は、水分がたっぷり含まれているので熱が入るまで時間がかかりますが、干物の魚は熱がすぐ入るのであっという間に焼けてしまいます。
これは、肌も同じことが言えます。

水分のない乾燥した肌は、熱(紫外線)が届きやすいということです。
紫外線が肌の内部まで届きやすくなるため、シミもできやすくなりますし、肌の弾力を支えている腺維芽細胞にもダメージを及ぼすためシワやたるみの原因になります。
よって、乾燥肌の方は特に注意しなければいけません。
紫外線対策で一番大切なのは、紫外線を受けにくい肌作りをすることです。

肌の土台を整え、肌のバリア機能を高める

紫外線を受けにくい肌作りとは、肌のバリア機能(外的刺激から守る力)を高めることです。
肌のバリア機能が整えば、紫外線の影響も受けにくくなります。
そのためにも、保湿ケアは必要不可欠です。
肌の水分をしっかり抱え込む保湿成分をきちんと補い、水分と油分のバランスをきちんと整えること。
そうすることで、肌のターンオーバー(肌サイクル)もきちんと整い肌のバリア機能が高まってきます。

UVケアで紫外線対策をすることよりも、まずは保湿ケアを重視してみてくださいね。

POINT:乾燥している肌ほど、紫外線が肌の奥まで浸透されやすく肌ダメージを受けやすい。紫外線対策は、UVケアよりも保湿ケアをしっかり行い、紫外線の影響を受けにくい肌作りをする事が大切です。

 

ティナロのトゥルーローションは、乾燥肌や敏感肌に特化しており
肌本来の保湿成分(セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカン)をはじめ14種のアミノ酸、油分をバランスよく配合しています。
肌力を高めることで、紫外線に負けない肌を育くみます。
ティナロトゥルーローション

 

◆ティナロLINE@スタートいたしました◆
お得なキャンペーン情報や、とってもためになる健康・美容情報をいち早くお届けしてまいります。
ぜひ、ご登録ください^^

https://line.me/R/ti/p/%40tinaro
上記リンクをクリックするか、@tinaro をID検索してお友達追加してくださいね♪

関連記事

PAGE TOP