夏のダメージを一掃!秋にやっておきたいスキンケア3つ

木の葉も色づき秋らしくなってきて、朝晩冷え込むようになってきましたね。季節の変わり目は、肌トラブルが出やすい時期です。肌が急に敏感になったり乾燥が気になったり、吹き出物で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?秋は、夏に蓄積されたダメージが一気に出やすくなります。この時期にダメージを一掃し、肌を立て直してトラブルに負けない肌作りをしましょう。

夏を過ごした肌はこんな状態に!

〇肌の内部が乾燥(インナードライ)
夏は、肌のべたつきを感じ保湿ケアをきちんとしていない方が多くいらっしゃいます。しかし、夏は紫外線の影響や冷房などにより肌内部の水分や保湿成分が蒸発しやすく、インナードライになっている方が大半です。その影響が、秋の気温や湿度の低下と重なり、さらに乾燥が進みやすくなります。
乾燥が進む事で肌のバリア機能が低下するため、ちょっとした事で刺激を受けやすくなり、肌が敏感になるのです。

〇角質が重層化しごわつきやクスミがでる
紫外線などのダメージを受ける事で、肌を守ろうと肌のターンオーバー(肌サイクル)が早くなり未熟な細胞が生まれやすくなります。これが肌の表面に蓄積されごわつきやクスミとなって現れます。また肌表面に古くなった角質がとどまる事で、化粧品の浸透性も悪くなります。

〇ハリや弾力がなるくなる
紫外線は、肌の弾力を支えている真皮層まで到達しコラーゲンやエラスチン線維にまでダメージを与えます。そのダメージが秋口に現れハリや弾力がなくなったように感じます。同時に夏は冷たいものや、食事も偏りがちになり内臓が冷えている方が多いのも現状です。内臓が冷える事で、血流も悪くなり肌への栄養も届きにくくなります。こういった事もハリや弾力の低下につながります。

秋にやっておきたいスキンケア3つ

1、肌の内部までしっかり保湿を行いましょう
インナードライを解消するには、保湿ケアが重要になります。保湿ケアといっても化粧品をただ塗ればよいのではありません。保湿効果がきちんとある化粧品を使いましょう。肌の潤いのキーとなるのが、肌に元々備わっている保湿成分。セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカン、アミノ酸、NMF(天然保湿因子)、これらの保湿成分が肌の水分を閉じ込め肌を乾燥から守っているのです。そして、肌への塗布の仕方もポイントです。ただ、塗るのではなく数回に分けて肌にきちんと手を密着させて塗布しましょう。

2、肌に負担をかけず角質ケアを行いましょう
この時期は、ターンオーバーも乱れやすくなりますので古くなった角質をきちんと取り除く事も大切です。取り除く事で、肌サイクルが整いやすくなり、使用している化粧品の浸透性も高まります。
ただし、角質は肌に負担をかけず優しく取り除く事がポイントです。ゴシゴシ擦ったり肌に刺激となるものは使用を控えましょう。塗って洗い流すタイプのもの、もしくは角質ケア効果のある洗顔料が肌に負担をかけず優しく取り除くのでおすすめです。

3、肌の代謝機能(血行促進)を高めましょう
健康で美しい肌を育むには、肌の代謝機能を高める事です。そのためには肌細胞に質のいい血液を届ける事です。秋は、夏の疲れや気温や湿度の低下により代謝機能も悪くなりますので、体を動かしたり体をお風呂でゆっくり温めたりして血流を促すようにましょう。お肌も蒸しタオルで温めたり、マッサージするのも効果的です。

秋のスキンケアのポイントは、保湿、角質ケア、血行促進!この3つです。
この時期のスキンケアが冬の肌を左右しますので、今のうちにリセットしましょう。

 

秋の乾燥肌・敏感肌におすすめの高保湿化粧品

 

米ぬかエキス配合の美容液洗顔料で泡パック×保湿にとことんこだわったオールイン美容液でシンプルケアを♪
乾燥肌・敏感肌対応のスキンケア化粧品tinaroこちら

 

 

 

関連記事

  1. ホットドリンク
PAGE TOP